親や友人に大金を借りる時の理由

金額が大きくなればなるほどお金を貸してもらえる可能性は低くなります。また親や家族に比べ友人などから借りられる可能性も低くなります。
 
私が過去に100万円を超える借金を親に申し込んだ際に選んだ理由はずばり「弁護士費用」です。

普通に生活していると弁護士に弁護を依頼するということは多くないでしょう。
そのため弁護士費用は漠然と金額がかかると思われるため、納得してもらえれば大きい金額でも貸してもらえる可能性は高まります。
 
なぜ弁護士費用が必要なのかの理由については、難しい理由は必要ありません。理由が大げさだと逆に破綻してしまいます。
 
単純に「交通事故をしたのだが、こじれてしまい弁護士に頼まなくてはいけなくなった。」などがいいと思います。
 

大金を借りるときに絶対に言ってはいけない理由とは

大金を借りる際に実際に言ってはいけない理由として真っ先に挙げられるのが「ギャンブル」です。
 
競馬やパチンコに使うお金がないから貸してほしいと言われて、あなたなら貸しますか?
はっきりいって一番無駄な出費です。
 
実際にギャンブルのせいで生活費がなくなったから貸してほしいという場合も、先に上げたような理由で申し込みましょう。
 
また、ギャンブル費用>生活費のような支出割合の方は、いますぐ自分を見つめ直しましょう。
 
 

親や友人からも借りられないときは?

親や友人に借金の申込みをしたが断られてしまった、でもお金が必要で困っているという場合は「カードローン」という手もあります。
 
「カードローン」(一昔前で言う「消費者金融」や「サラ金」)は、利用したことがない人にとっては少し躊躇するかと思います。
 
今は銀行と提携しているところも多く、比較的クリーンなイメージです。
金利等も30日間無利息などというところもありますし、主婦や学生でも申し込めるところが多いです。
 
実際に私も数社利用したことがありますが、審査結果も早く特にトラブルもありませんでした。
申込みもWEBで行うことができたり、誰にも合わずに契約できる「無人契約機」等もあります。
 
安定した収入がある場合は検討してみてもいいと思います。
 
ただし利用限度額は審査時に収入等によって左右されますので、いきなり大きな金額を借りたい場合は難しいかもしれません。
 
有人店舗であれば、いろいろと相談にも乗ってくれますが、返済も含めた上で、きちんとした計画を持って利用しましょう。